日本酒酒粕

最近は健康ブームもあり、酒粕も人気が年々上がっています。工夫次第で様々な料理にご利用いただけますが、季節により品切れの場合もございますのでお電話ご確認下さい。※板酒粕は1月下旬頃より、ねり酒粕は早けれは7月、通常は9月上旬ごろの発売となります。

板酒粕(中勇酒造店)

天上夢幻でおなじみの中勇酒造店の板酒粕です。

以前は四角にカットしたものを重ねてパッケージしておりましたが、コストの関係上バラ詰めに変更されました。内容品質に変わりはございません。

酒の醪(もろみ)を布袋に入れプレスし、清酒が搾り出された後に残る板酒粕は新酒の華やかな香りと糀が醸し出す成分のかたまりです。

焼いて食べるもよし、鍋物の旨み調味料にしてよし、砂糖と水を加えて即席の甘酒にするもよし、寒造りの日本酒ならではの季節商品につき、1月から2月頃の限定商品ですので、お早めにご購入下さい。

板酒粕1kg

税込360

純米ねり酒粕 一ノ蔵「玉の粕」

一ノ蔵(大崎市松山)純米酒粕

480gパック入

税込391

 

大吟醸ねり酒粕

わしが國、瞑想水でおなじみ、山和酒造店の大吟醸酒粕です。

1kg

税込600

普通ねり酒粕

中勇酒造店

夢幻蔵元清酒粕

(袋詰め)

1kg

税込360円

純米ねり酒粕

田中酒造店

真鶴純米酒粕(袋詰め)

1kg

税込420円

大吟醸ねり酒粕

田中酒造店

真鶴大吟醸粕(袋詰め)

1kg

税込530円


ご注文・お問い合わせはお気軽にお電話ください。

フリーダイヤル

0120-13-2235

ファックス

0229-63-5238

開店時間に関わらず対応いたします。但し、不在の際はご容赦ください。

酒粕は季節商品

日本酒と酒粕は一年中出荷されて、いつでも店頭に並んでいるというイメージを持たれている方も多いように見受けられますが、実は純然たる「季節商品」であることをお忘れなく!そもそも日本酒は温暖な環境では上質なものが作りにくく、寒冷な環境でゆっくり発酵させることが極意とされています。したがって、自然と冬場に醸造する「寒造り」とよばれる手法がとられています。秋に収穫した米を冬に発酵させ搾り、春から夏にかけ熟成させ秋に出荷する。これが今でも続く本来のサイクルです。酒粕は発酵したモロミを搾った後に残る「かす」ですから、そのままの板状の「いたかす」は春に出荷、それを砕いて寝かせ味をととのえた「ねりかす」は秋に出荷されます。また、「ねりかす」であっても、始めの頃は比較的熟成が少ない白くあっさりしたものとなりますが、しっかり熟成が進むと色も濃く味わい深いものになってゆきます。同じ蔵の酒粕でも時期によって品質も風味も違うのはそのせいです。まさに四季とともに人々が暮らしてきた日本ならではの食材といえます。近年では美容と健康に効果があるとテレビ新聞などで取り上げられ、出荷がおいつかず品切れすることが多くなりますたが、あわてて買いだめなどせず、その時期の「さけかす」の表情をみながら旬の食材とともに季節を感じていただければと願うばかりです(^^)/

サイトリンク

当店おすすめ旅行会社!

詳しくは当店スタッフも兼任している中島あつ子におたずね下さいませ~(^o^)/

こちらはFacebook版

※上記やくらいビールの製造元は

平成28年4月1日より社名を

「(株)薬莱振興公社」から

「(株)加美町振興公社」

に変更になりました。

気軽に作っちゃお~

無料です!

オリジナル地酒ラベルのおすすめ!

完売御礼

平成30年 一ノ蔵 立春朝搾り

2月4日恒例の酒、早朝から当店社長もラベル張りのお手伝い。昼前に到着。

試飲酒もあります。

 ※平成30年の立春朝搾りはおかげさまで、完売いたしました。また来年のご予約をお待ちしております。

お問合せは

電話:0120-13-2235

●当店では未成年の方の酒類のご購入は固くお断りしております。
ご注文の際に年齢確認をさせていただいておりますのでご協力のほどよろしくお願いいたします。

●20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。当店は未成年者への酒類の販売いたしません。